賃貸物件でホームセキュリティは契約できるの?

ホームセキュリティ

こんにちは管理人の雄介です。ホームセキュリティや防犯カメラなど防犯、防災に関する情報を発信しています。ホームセキュリティはお店や戸建ての人が契約しているイメージが強いのですが、最近の防犯意識の高まりから賃貸契約でホームセキュリティの需要が高まっています。

ここでは、賃貸物件のホームセキュリティについて詳しく紹介していきます!

賃貸物件でホームセキュリティは契約できないの? 

最近では一人暮らしの女性を中心に賃貸物件でのホームセキュリティの関心が高まっています。不審者の侵入やストーカー対策といった犯罪が多くなっていることで、賃貸物件のオートロックだけでは安心できなくなっています。

セキュリティの高い賃貸物件は家賃自体が高く、簡単に引っ越しができない事情もあります。また、賃貸物件は引っ越しの際に原状回復の契約が多く、防犯機器導入により壁に穴をあける等のイメージがあるのでホームセキュリティ機器の設置が不安に感じる人も多くいます。

そこでホームセキュリティ会社では、大掛かりな工事が不要で簡単に設置できる防犯機器を中心に、アパートやマンションの賃貸物件に特化したホームセキュリティプランを準備しています。

警報機やセンサーも無線接続で配線工事も必要なく、セキュリティハブはコンセントに直差しタイプが多いため、コンパクトでシンプルに防犯セキュリティ機器を設置できるようになっており、原状回復しやすい据え置き型を中心に人気が高まっています。

料金プランも幅広く、ランニングコストを安く済ませることが可能なプランもあります。ただし、安いからといって安心はできません。

賃貸物件のセキュリティに合わせて自分に必要なホームセキュリティを導入していく必要があります。
一番注目する点として、警備員やガードマンの駆けつけを必要とするか、オプションで追加、または必要なしの契約にするかで大きくランニングコストが変わってきます。

ですから、賃貸物件でホームセキュリティ会社と契約することはなんら問題ないと考えられています。

ホームセキュリティで契約できない場合の対策は? 

最近ではアパートやマンション自体がホームセキュリティと契約している場合も多く見受けられますが、賃貸物件により決められたルールがあるため、ホームセキュリティ会社と契約する場合や自分で防犯機器を設置したい場合にはアパートやマンションの管理組合や管理会社、大家さんに相談する必要があります。

防犯カメラの設置にはプライバシーの問題等があり、勝手に設置できない場合もあり、設置後のトラブルに発展する場合もあるようです。未然にトラブルを防ぐためにも、防犯機器を設置する場合にはアパートやマンションの管理組合や管理会社、大家さんに事前に相談するようにしておきます。

それでもホームセキュリティ会社との契約が不可能な場合、自己防衛するしかなく、自分で防犯機器の購入・設置をする方法を考えていきましょう。

賃貸物件でのホームセキュリティの解決方法 

アパートやマンションの玄関がオートロックになっていても各玄関ドアはピッキング等により不法に侵入される場合もあります。また、玄関のカギを忘れて同じアパートやマンションの住人が間違えて侵入する事例も増えています。

最近増加しているストーカー犯罪も自分の知らないうちにターゲットになっている場合が多く、不法侵入されたことに気が付かない場合も多いようです。

賃貸物件でホームセキュリティ会社と契約できない場合は自己防衛するしかなく、玄関ドアのカギ忘れ防止に人気となっているのがスマートロックです。

ちょっと買い物やゴミ出しの時間を狙われて不法侵入されるケースも増えており、どんな場合においても玄関のカギは大切です。

カギをかけていてもプロの空き巣や窃盗犯は簡単に玄関のカギのロックを解除することができるため、スマートロック、スマートキーセットが人気です。

スマートキーセットはどんなドアロックにも取り付け可能で、帰宅時でもカギを取り出す必要がなくロック解除してくれる便利なものです。

外出先からカギの状態をチェックする事も可能で安全を確認することができます。万が一カギに異常が見られた場合はスマートフォンに通知してもらえるため、玄関の防犯対策に最適です。

ただし、これで安全ではなく、プロの空き巣や窃盗犯はピッキング等でドアロックを解除するのが簡単におこなえるため、玄関ドアのカギ自体を複雑な構造のディンプルキーに交換することがオススメです。

また、ドアロックを追加することでプロの空き巣や窃盗犯もこのドアロックに時間がかかると分かれば諦める場合も多いようで効果的です。ドアロックの追加は、ドアに穴を開けることなく取り付けられる物もあり、ドアノブを覆う形のダイヤル式補助鍵も効果的です。

ベランダ側にも防犯が必要で、二階以上だから安心できないのが現状です。玄関が無理と分かればベランダ側から侵入されるケースが多く、そのほとんどがガラス破りで侵入されています。

ガラス破りの対策として有効なのが窓に防犯センサーを取り付ける方法です。窓のサッシに取り付けるセンサーで、窓が開けられた時に通知されるのですぐに警察に通報することができます。配線等が必要なく、両面テープで取り付けられます。

それ以前に防止策として窓を開けるのに時間がかかるように補助錠を窓に取り付けて二重三重のロックにすることも効果的です。

ガラス破りにあうとガラスの片付けも大変なので、自己防衛として防犯フイルムを窓の内側のガラスに貼り付けておきましょう。ガラス破りに時間がかかることをプロの空き巣や窃盗犯も知っていることから自己防衛には効果があります。

夜に不在にすることが多い人は、ベランダにセンサーライトを取り付けるのも効果的です。

室外に防犯カメラを設置することが不可能な場合、室内用の防犯カメラとスマートセンサーの設置をします。スマートセンサーは、人が感知された場合、スマートフォンに通知されますし、室内用スマートカメラは外出先から室内を確認することができるため、防犯対策だけでなく、赤ちゃんや小さい子供、ペット、高齢者の見守りにも利用されています。

場合によっては引っ越しも検討 

賃貸物件でホームセキュリティ会社と契約できない場合、自己防犯では限界があると感じる場合は、ホームセキュリティ会社と契約が可能な物件、セキュリティ対策の高い物件に引っ越すことも考えていく必要があります。

まとめ

最近のホームセキュリティ機器は小さく無線接続のため、大幅な工事も不要でアパートやマンションの原型回復にもほとんど影響することなく設置することが可能です。

管理組合や管理会社、大家さんの許可が得られる場合はホームセキュリティ会社と契約することができますが、ルール上、契約できない場合があるため、ホームセキュリティ会社と契約する前に確認しておく必要があります。

自己防犯では限界がある場合もあり、どうしてもホームセキュリティ会社と契約が必要な場合には、ホームセキュリティ会社と契約が可能な賃貸物件に引っ越すことも考えたほうが良さそうです。

ホームセキュリティ会社と契約が可能かどうかを確認して、賃貸物件用のホームセキュリティプランで安心安全を手に入れましょう!

コメント

タイトルとURLをコピーしました