建物別防犯対策のポイント~侵入犯に嫌われる環境作り~


ホームセキュリティ

こんにちは管理人の雄介です。ホームセキュリティや防犯カメラなど防犯、防災に関する情報を発信しています。近年、住宅侵入による窃盗(空き巣)は減少傾向にはあるものの、いつ被害に遭うかわかりません。一度空き巣に遭うと、「また入られてしまうかも」、「在宅時に来たらどうしよう」など不安を持ちながら生活することにもなりかねません。

そこで今回は、建物別の防犯対策について考えてみたいと思います。建物の特徴を踏まえ、適切な防犯対策を考えてみましょう!

なお、まとめで後述しますが、どの住宅でも共通して出来る防犯対策もありますので是非参考にしていただきたいと思います。

戸建ての防犯対策ポイント

戸建て住宅の防犯対策の基本は、玄関や勝手口の鍵は2つ取り付けすることです。最近の戸建て住宅の侵入口は玄関・勝手口が一番多く、窃盗犯は短時間で侵入したがる傾向にあるので、大変有効な方法かと思います。玄関ドアの交換費用は撤去費用も含め大体十万円が相場のようです。高いと感じる方も多いかと思いますが、こまめに手入れしていれば、相当の年数は持ちますし、防犯対策になるメリットもありますが、毎日使うものですから、新品に取り換えることで気分も上がりますよ。ぜひ自分のお気に入りのデザインやカラーを選んで防犯対策を楽しんでしまいましょう!

また、窃盗犯は下見を行うという特徴もあるので、夜間の照明を人感センサーのものに付け替えるというのも良いでしょう。

家にいる時間帯を確認するためにチャイムを鳴らす窃盗犯も存在するので、インターフォンをカメラ付きのものに取り付けしなおすというのも有効かと思います。

マンション防犯対策ポイント

戸建て住宅のように、マンションでも玄関は非常に狙われやすい場所です。オートロックの入り口でも安心せず、玄関の鍵は2つにすることをお勧めします。

また、オートロックの入り口は閉まるまで見ていて、窃盗犯が入り込まないようにすることも重要です。

なお、マンションは窓からの侵入が多いとされています。防犯フィルムは手軽にホームセンターなどで購入できますが、貼り方を間違えたり、見た目で素人が貼ったものだと解ったりすると意味がないようですので、専門業者に頼んで、「CPマーク」と呼ばれるシリアルナンバーのある防犯フィルムを貼った方がよいでしょう。

費用を抑えたい方は、窓の鍵に取り付けるタイプの防犯ブザーなどは手軽に設置でき、大音量が出るのでおすすめです。音が鳴ることで、他の住人が気付きますので、侵入犯は嫌がると考えられます。ただし電池式のものが多数なので、電池の持ちを説明書で確認したり、メーカーに確認したりして、正しく使うことを心がけましょう。

アパート防犯対策ポイント

アパートの場合、窓から侵入されやすいとされています。しかし分譲ではないので、防犯対策は不動産会社の担当の方や、大家さんとの交渉が必要になるかと思います。前述の「CPマーク」と呼ばれるシリアルナンバーのある防犯フィルムを張り付けたいことや、侵入の下見対策として人感センサーの取り付けが可能か、など交渉すると良いでしょう。外玄関の場合、戸建て住宅の同様、玄関からも侵入されやすいです。

ですので、新生活を始めようとお考えの方は、アパート選びの際、玄関の鍵が2つついているかなどを確認してから契約することをお勧めします。

また、長期外出の際は、アパートの窓のシャッターを閉められる物件もありますので、そういった機能があるかも注目することもお勧めします。シャッターのほかにも、窓が格子窓になっていると侵入犯は嫌がります。そういった構造になっていることも注目してみるといいでしょう。

賃貸物件防犯対策ポイント

賃貸物件の場合も防犯対策をするにあたって大家さんなどと交渉が必要になると思います。こちらも、窓からの侵入が多いとされていますので、「CPマーク」のある防犯フィルムを貼ることをお勧めします。また、マンション同様、オートロックの入り口は閉まるまで見守り、不審人物の侵入を防ぐようにしましょう。

また賃貸のオフィスや飲食店店舗などは、業種により異なりますが、無人の状態になることが多いです。なので、室内に置き型防犯カメラを設置して、スマートフォンやパソコンで様子を確認できる状態にしておくことも手段の一つだと思います。置き型の防犯カメラは通販や家電量販店などで購入することが出来ます。安価なものだと五千円前後で購入することが出来るようです。

また、実はダミーのものも効果的です。前述のとおり、侵入犯は下見を行うことがあるので、「防犯カメラがある!」と侵入犯に思わせることで、防犯対策に有効です。こちらは非常に安価で、三百円ほどで通販サイトなどで販売していたりもしますよ。ぜひチェックしてみてはいかがでしょうか。

まとめ 防犯対策のポイント

いかがでしたでしょうか?自分の住んでいる環境にあった適切な防犯対策を工夫すれば、安心して生活できるのではないかと思います。

なお、どの住居でもいえることですが、人がいない状態でも、出勤時、帰宅時など家を空ける時は、一人の場合でも、「行ってきます」「ただいま」をいうのも有効です。室内に人がいることを侵入犯に対してカモフラージュさせることもポイントです。共働きで、家に子供だけとなる場合は、空き巣以外の防犯対策にもなると思います。

また、窓のカーテンやブラインドを透けないものに変えることなども有効です。ブラインドの場合、部屋側にカーテンポールを取り付け、レースのカーテンを付けるといいですよ。室内が透けにくいレースカーテンはホームセンターなどで手軽に購入できますし、カーテンポールも同様大手家具店では安価に購入することが出来ます。種類も色々で、お好きなカラーや素材のものを選ぶのも楽しいかと思います。取り付けも簡単ですからぜひ試していただきたいと思います。一つ注意点ですが、透けにくいレースのカーテンは、家の中にいても外が透けにくいです。夜間部屋の照明をつけると家の中が普通のカーテン同様透けてしまいます。なので、油断せず夜間はブラインドやカーテンをしっかり閉めてプライバシーを守りましょう。

ぜひ、しっかりと防犯対策をして、侵入犯に嫌われる環境作りを実行してみましょう!

コメント

タイトルとURLをコピーしました