ホームセキュリティって本当に必要なの?

ホームセキュリティ

こんにちは管理人の雄介です。ホームセキュリティや防犯カメラなど防犯、防災に役立つ情報を発信しています。最近、ホームセキュリティへの関心が高まっており、自分にホームセキュリティが必要かどうかを考える人は増加傾向にあります。

ここでは、ホームセキュリティについて詳しく紹介していきます。

ホームセキュリティってどんなことしてくれるの?

ホームセキュリティのイメージは、会社やお店の防犯対策として知られていましたが、最近では自動車保険や火災保険と同様に考えられるようになっています。

いつ、何が起こるか分からないからこそ、危険リスクを回避するための保険として関心が高まっています。ホームセキュリティの役目は、泥棒や空き巣から自宅を守るだけではなく多くのニーズに応えてくれる防犯対策サービスが充実しています。

具体的には、

①火事・火災が起こった時の早期発見

自宅で火事や火災が発生した場合、センサーや防犯カメラ等で通報が入り、警備員が自宅に向かうとともに警察や消防に連絡してくれます。

②ガス漏れやガス事故、水漏れ事故があった場合の早期発見

ガス漏れやガス事故があった場合、センサーがガス漏れを感知して通報、警備員が駆け付けてくれるとともに警察や消防に通報してくれます。

③自宅での小さい子供や高齢者の見守り

自宅内で高齢者や小さい子供に異常が見られた場合、すぐに警備員が駆け付けて救急車の手配等を行ってくれます。

④通学途中の不審者対策

子供の通学途中の異常や不審者に対するブザーやアラームが鳴らされた場合にすぐに現場に駆けつけてくれるとともに警察にも通報してくれます。

⑤不審者からの電話対応

高齢者を狙った押し売りやオレオレ詐欺等からの着信に対して発信者番号通知を相手に求めることや録音することを伝えてくれます。場合によっては着信を拒否してくれます。

⑥ペットの見守り

ペットを屋内で飼っている家庭が多くなり、見守りカメラ等でペットに異常が見られた場合に契約者に連絡されます。

⑦泥棒や空き巣、ストーカー等の不審者の発見

空き巣や泥棒、ストーカー等の不法侵入者がいた場合、警察に通報するとともに警備員が直ぐに駆けつけてくれます。

ホームセキュリティの主なサービスとして以上が挙げられます。

ホームセキュリティは、自己対策とホームセキュリティ会社に依頼する方法がありますが、自己対策には限界があります。ホームセキュリティは、自分の家と家族を守るためにあります。また、何もないことが安心安全につながっています。

ホームセキュリティがもしなかったら?

もしホームセキュリティがなかったらと想像するだけで怖い思いをした方が多くいる事を知っておきましょう。

最近ではどんなにカギを増やしても、自己セキュリティをしても簡単に家に侵入されやすくなっています。素人の防犯対策ではプロの目は誤魔化せない現実があります。自己防犯対策の場合、センサーから通報があってもすぐに動ける人は少ないです。また、犯罪者と出くわした場合、命の危険にさらされるリスクもあります。

空き巣や泥棒、不審者の侵入で家の中を無茶苦茶にされた上で放火される等、最悪の事態を招くリスクもあります。事件や事故後の対応も大変で、警察からの事情聴取や後片付け等に追われることになります。

大切な家や家族が危険にさらされたままでは終わらず、何度も同じ家を狙う空き巣や泥棒も多く、再度狙われるリスクもあります。

事件がおきれば警察がいるから大丈夫と思っている方も多いようです。しかし、警察は予防で動いてくれることはありません。実際の被害がないと動けないのです。もちろん巡回による警備を行ってくれたり、情報を共有することで、事前に対策をとってくれる場合もありますが、それは本当に危機が迫っているときでタイミングがぴったり合った奇跡のようなときです。

大抵の場合は、問題が発生して、もっと早くに行動してくれていたら。。。というものがほとんどでしょう。これは警察が悪いのではなく、問題が起きた後行動するように決まっているからなんですね。

襲われたとき、体や物の被害がなかったとしても安心してはいけません。

1番大きいのは被害者の精神的ダメージです。ショックで何年も病院に通うことになる可能性もあります。比較的治安が良いとされている地域においても油断が出来なくなっています。

子供の見守りやストーカー対策等、時代の変化とともに犯罪も変化しており、誰がどこで巻き込まれるかが分からないからこそホームセキュリティへの関心が高くなっています。

ホームセキュリティって一般の人には関係ないの?

ホームセキュリティは大きな家の防犯対策的なイメージがあり、自分には必要ないと感じていた人も多いようですが、最近の新型コロナウイルスの影響で景気が悪化し、犯罪が増えると言われている状況下だからこそ、一般の人が狙われやすくなっています。

防犯対策がされていない家が狙われやすくなるのは当然です。また、高齢者の一人暮らしが増加し、家族と離れて生活している場合も犯罪者から狙われやすくなっています。ホームセキュリティが自分に関係ないと思っている人ほど危険度が高くなっています。

ホームセキュリティのメリット・デメリット

ホームセキュリティ導入のメリットは、目に見えない危険から守ってくれる事です。

  1. 防犯ステッカーを貼ってある自宅は泥棒や空き巣が侵入リストから外す可能性が高く、侵入を抑制させる効果があります。
  2. 防犯センサーが動作することにより早い段階で被害を最小限にとどめる効果があります。
  3. ガスの消し忘れや火の不始末をセンサーが知らせてくれ、火災や事故を未然に防いでくれる効果があります。
  4. 高齢者や小さな子供の急病を知らせてくれます。
  5. 24時間安心して生活できるようになります。
  6. 自分に必要なセキュリティプランを選択できます。

メリットが多い半面、デメリットもあります。

  1. ・ホームセキュリティ導入の家にはお金があると思われる場合があります。
  2. ・自分の家は安心だと油断してしまう可能性があります。
  3. ・被害を100%防ぐことはできない場合があります。
  4. ・ホームセキュリティ導入にはお金が掛かることが1番のデメリットになります。

ホームセキュリティで暮らしはどう変わる?

ホームセキュリティ導入前は、外出時に限らず、就寝時でも防犯に気を使う生活を送ることになっていましたが、ホームセキュリティ導入により、安心安全で快適な生活が出来るようになってきました。

防犯対策の面をプロのホームセキュリティに任せることで、気軽に家族と外出する事も可能になり、やりたいことに集中できる環境を手に入れられるようになります。少しでも危険なリスクから守られる生活へと変わっていきます。

まとめ

新型コロナウイルスにより景気が悪化していくことも考慮すれば、これからホームセキュリティの導入を考えていく時代になってきたと感じる人は多く、防犯グッズも数多く販売されています。

自己防犯では、限界があり、コストも意外と高くなることから、長い目で見てランニングコストよりも安心安全を24時間365日手に入れられるホームセキュリティ導入を検討して、防犯対策だけでなく、様々なリスクから自分の家と家族を危険のリスクから守る手段として考えましょう!

コメント

タイトルとURLをコピーしました